ゆかい’s blog

パニック障がいとお付き合いしながら、できることややりたいことにチャレンジしています! 日々のことなどを、徒然なるままに…。

離れてみることの勇気

 

 

こんにちは、ゆかいです!

 

 

昨日は、ブログにログインをすることもしませんでした。

 

体調が悪かったというわけではないのですが、本を読んだり、勉強していたことを考えたり、好きなことをしていたら、時間があっという間に過ぎてしまい…という。

 

 

私は、毎日ブログを書かないといけないと、なぜか勝手に思っていました。

「書かなきゃ」という概念と言いますか。

 

なので、先日ブログを初めて書かなかった日は、なぜか「勇気」が必要でした。笑

そんなことに勇気を使うくらいなら、もっと他のことに勇気を使ってみたいもんです

 

 

で、昨日。

 

昨日はログインもしないという。

 

一度離れてみよう

 

やりたいことがたくさんあったのも事実ですが、そういう気持ちが少しあったのも事実。

 

一度離れたからといって、世界経済が止まるわけでもありませんし、魔王とか悪魔が世界中を支配するということもなかろうということで。(大袈裟なんよ。笑)

 

 

自分が何気なく毎日触れているものから、離れてみる。

 

それで、やってみたかったことや、やりたいことをやってみる。

でもそれはそんなたいそうなことじゃない。

興味本位だったり、元々好きなことだったり。

 

そんな時間をもう少し増やしてみよう、と挑戦した日でした。

 

はたから見れば、「なんじゃそりゃ」だと思います。

自由気ままでいいよな、とも思われるかもしれません。

やりたいことがあって、それができるだけマシ、とも思われるかもしれません。

やりたいことがあって、それに充てられる時間があっていいよな、とも思われるかもしれません。

 

 

それでも私には、挑戦でした。

 

 

小説を1冊読むことができました。(活字慣れしてないので読むスピードが恐ろしく遅い)

勉強の振り返りを少しすることができました。

描いた絵に、色塗りをすることができました。

漫画を一部読み直すことができました。

 

たったこれだけ。

そう、たったこれだけなのです。

 

でも、充分!!!

とても充足感がありました。

 

 

ただでさえ少ないアクセス数はガクーンってなってて、それは寂しい気持ちもあるけれど、今、この時間(5/16 11:00~12:30)にゆっくりと、みなさんのブログを拝見できることは、自分にとってはちょっとした贅沢です。

 

 

 

離れてみることの勇気。

それは私にとっては挑戦。

そして、充足感へと繋がりました。

 

ちりも積もれば山となる、っていうけど。

小さな充足感が積み重なっていくと、どうなるんだろうね。

 

 

そんなことを想像しながら、

私は「アーニャ」のモノマネに励んだのでした。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

~しかできなかった自分に、はなまるしちゃえ

 

 

こんばんは、ゆかいです!

 

 

昨日。

ブログを始めて、初めてブログを書かなかったYO!!

 

あ。

ふざけてるんじゃないんです。

ブログ。

はじめて。

という同じ言葉が続いたしまったので、つい。

 

昨夜は偏頭痛がひどくてひどくて。

 

こんなに偏頭痛に苦しみながらブログをUPする意味とは…?

 

 

はい。

ないね。

ない。

 

ということで、やめました。

 

「初めてのこと」って、たかがブログを書かない、というだけでもちょっと勇気?意気込み?みたいなのが必要なんだなあ…と感じました。

 

私はいったい「誰から」ブログを毎日書くことを課せられていたのでしょうか…。

 

 

他でもない、自分自身ですね。

 

めんどくせーことを自分で自分に、勝手に課すなよ。笑

 

でも案外、そういうことってたくさんある。

 

 

 

 

 

今日は天気が良くて、お昼からなんとなく外に出たい衝動が止まらず。

 

しかし不思議なことに体が重たいんですよ。

 

出るか、出まいか。

 

行きたい。でも面倒な気がする。

 

妙な葛藤を繰り広げたのち、家を出発。

 

近隣をお散歩です。

 

もっと自然豊かな周辺だといいのですが…。

我が家付近は、なんかにぎやかです。

 

もっとこう、河川敷とかを

ゆっくりまったり歩いてみたいです。

 

 

まあ、そんなこと思いながら歩きました。

 

暑かったです。

 

途中、首輪している黒白の猫さんに出会いました。

ほほう、飼い猫さんですか。

 

「にゃー」

 

初めまして、猫さん。

 

「にゃー」

 

だよねー、散歩いいよね。

 

「にゃー」

 

私?

今ちょっと休職中でさあ。

 

「にゃー…」

 

あ、きみは自宅周辺警備員?

あ、なに?

自宅警備員しつつ周辺も副業してんの?

大変だね。

すごいね。

 

ちょっと、立ち話しました。

 

 

時間を見ると、家を出てから約20分ほど。

 

「帰ろ…」

 

 

 

……え?

 

20分?

 

たった20分しかできなかったの!?

 

 

ちょっと衝撃だったのです。

 

仕事してる時は、職業柄外に何時間だっているし、時期によればほぼ一日外にいる時がある。

しかも、夏真っ盛りでも。

 

それが。

今やこの有様。

 

20分でギブ…?

 

 

よぎりましたね。

 

20分しか散歩できなかった。

 

そりゃそうです。

いつの自分と比較してんだっつー話です。

 

元気…というか、休職前は外活動できてたよ。

無理やりでもやってたよ。

そんで、

「いや、今日はしんどかったわー」

って、帰りの車ん中でつぶやくわけ。

 

そん時の自分と比較してどーすんだよ。

でもどうしてもそん時の自分と比較しちゃう。

 

 

悔しいよ。

苛立つよ。

情けないよ。

正直、お風呂で泣いたよ。

悲しいよ。

消えたくもなるよ。

 

 

でもさ、ふと外に出たい衝動にかられ、

行こうかどうしようか迷った挙句、

出ることを自分で選択して実行したのは、

私。

 

20分も散歩できたんだから、よくない?

 

 

甘いと思われてもいいさ。

 

だって。

これが「今」の私なんだよ。

 

20分の散歩をした。

 

これが、事実。

 

それでいい。

 

 

あの頃はもっとできたのに。

今は20分しか散歩できなくなってる。

なんで。

なんでだろう。

そんな自分、いやだ。

こんな自分じゃ、ダメだ。

こんなんじゃ社会復帰なんて無理だ。

 

 

そう思っちゃったんだよね。

 

そう思っちゃったことにも気付いたんです。

以前お話した「内部対話」に近いと思います。

yukayukai4628.hatenablog.com

 

でも、いいじゃん。

 

20分しかできなかったと思っちゃった自分。

情けなかったりいろんな感情を持った自分。

イヤだ、ダメだ、無理だとネガを芋づるでつりあげ、膨らませてしまう自分。

でも、そこで内部対話に気が付けた

100点です。笑

 

そうか、そう思っちゃったね、と。

なるほど。

今の私はそうなのね、と。

 

こういうのを、「自己肯定」っていうんじゃないのかなって、最近ふと思ったんです。

勉強したり、本読んだりしたからなのですが。

 

私はいまだ続きはしますが、以前はもっと落ち込んでいたと思います。

やっぱだめだ。

もうこれ無理だわ。

働くなんてほんと無理。

これから生きてくって、どうやって?

だって、20分しか散歩できないんだよ?

こんな自分じゃダメだ…。

と、否定して卑屈になって、自分で自分を攻撃して、傷付いていることにも気付かず、泣いて、絶望して、終わりでした。

 

 

でも時々、調子がいい時は、

 

いいんだよ、って。

 

言ってあげたいんです。

 

 

今の自分の状態、そのままを肯定する、否定しない。

それが自己肯定。

 

 

否定的な自分のことさえも否定しない。

そういう自分を、否定しない。

肯定する。

なんなら、遠くから見る感じ。

 

まあ、その…否定したくなりますし、するけども。笑

 

 

 

今日は、

~しかできなかった、~もできなかった、そんなふうに感じる時はしんどいな…。

ということを吐き出してみました。

 

同時に、知ったふうに自己肯定についても触れてみましたが、解釈は人それぞれで、それぞれの咀嚼の仕方や飲み込み方がありますよね。

 

こんなふうに書いていたって、私がいつもいつもこんなふうに思えるとは限らない。

調子の波は、誰にだってあって当たり前。

 

 

このまま良くない日が続いたらどうしよう。

このままもっと悪い方へ向かったらどうしよう。

そんな薄暗い、あるいは真っ暗な闇の中を歩いている感じ。

 

「いい」日が続くこともない。

「悪い」日が続くこともない。

 

分かってるけど、不安になっちゃうんだよね。

 

でも今日は、20分散歩できた自分と、内部対話で自分を傷付けようとしていたことに気付けた自分に、💮したいと思います!!

 

 

なんてったって、甘々試験監督ですから。

 

 

 

長文になってしまいました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

エネルギーの使い方

 

 

こんばんは、ゆかいです。

 

 

 

さて。

今日は、クリニックにて診察の日でした。

 

 

結論。

 

休養、延長。

3カ月の休養を要する。

 

 

先生に休養期間中のことをいろいろ話しました。

 

先生は、

「ゆかいさんは、本当に真面目です」

と、言われました。

 

先生、ちょっと笑っていました。笑

 

いや、バカにされたとかじゃなく

 

「休んだ気になってないでしょう?これだけ一つ一つのことにエネルギー使ってますからね」

 

 

…エネルギー…だと!?

 

私がエネルギーを使っていると言ったのか!?(そうだよ、落ち着けよ。笑)

 

 

先に書きました通り、どうも私は一つ一つの出来事や考えに、膨大なエネルギーを消費しているようです。

そして、「真面目さ」がたたって、そのことを長く、深く、たくさん考えすぎる

 

 

ああ、なんという。

 

なんという…無駄!!笑

 

いや、無駄ではない

 

無駄じゃあないんです。

 

無駄じゃあないけれど、

「そのエネルギーを、今日は映画でも観に行くか~とか、休みだから思いっきり休もう!とか、所属長はこういうやつだからほっとこ、みたいに使えると楽になれると思います」

と、言われました。

 

ふむ。

ごもっともであります。

 

ですが先生。

わたくし、そういったことが苦手でありますゆえ、やはりまた膨大なエネルギーを消費するように思います。笑

 

 

先生はねちっこくないです。

冷たいわけじゃないです。

温厚だし、聞き上手だし、

アドバイスも的確です。

 

ただ、今回のアドバイスは難しい。笑

 

しかし、そうした考え方のほうが楽になれると思う…というのは、ごもっともだと思うのです。

 

せっかくいただいたお休みです。

 

休みだー!!!遊ぶぞー!!!

 

という意味ではなく、先生が言いたいのは、

仕事から離れ、あまり考え過ぎず、

思いっきり

自分の心のままに生きてみては?

ということではないのかな、と思うのです。

 

 

 

 

 

休職中って、なんか遠慮します。

なにに?

 

休職中って、なんか窮屈です。

なんで?

 

休職中って、なんか罪悪感覚えます。

だれに?

 

 

窮屈ななか遠慮しながら罪悪感に苛まれ。

苛立ちや悔しい想いに駆られ。

悲しく、虚しい気持ちに襲われ。

 

なんでだろう。

なんでだろう。

なんで「私」なんだろう。

 

 

出たー!!

悲劇のヒロイン!!笑

 

ヒロイン、そんなこと考えます。

 

 

 

きっとこれからの3カ月も、そんなことの繰り返し。

上がったり、下がったり、停滞したり。

 

今は少し吹っ切れています。

3カ月後。

職場は夏休みが明け、運動会の練習が始まる頃。

 

復帰したいな。

そう思う自分がいる。

 

子どもたちがどんなふうに成長していくのか、

やっぱりそれが楽しみ。

 

でも、今の仕事に縛られなくてもいいや。

そう思う自分もいる。

 

どうせ数日後には無給になる。

 

面白そうな仕事があったら、

なんとなくチャレンジしてみても、

いいんじゃないかな、と。

 

しかし、学校現場を離れるのは、寂しい。

なので、いろいろな方法を考えてみたいです。

 

仕事のことだけじゃなく、

心理学というのか、メンタル面での

勉強もたくさんしたいです。

 

読みたい本もたくさんあります。

読み直してみたい本もあります。

 

自然とも触れ合い、楽しみたいです。

 

所属長の一言一句にいちいち反応しない自分でありたいです。

欲を言えば、反応しない自分になりたいです。

 

そういう3カ月間にしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

あ、せんせー!!

やっぱまた膨大にエネルギー使っちゃいそうですーー!!

 

 

ははは。笑

 

 

エネルギーの使い方は人それぞれ。

エネルギーのわき方も人それぞれ。

 

そして、それをどこにベクトルを向けて、どんなふうに使い、どんなふうに発揮するのかも、きっと人それぞれ。

 

 

いつも明るく前向きにイェイ!

は、できないけれど、

明るく前向きでヤッホ♪

としている自分がいることも、忘れたくない。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

時間が解決➁

 

 

こんばんは、ゆかいです!

 

 

以前の続きです。

良ければ、お付き合いください。

yukayukai4628.hatenablog.com

 

時間が解決してくれる

というのは、それを経験したことがある人だけが言える言葉だと思っていること。

「現時点」にいる当事者には、その魔法のような言葉は、何度言われても信じられないこと。

理由は、しんどいんから。

ということを述べました。

 

つらいこと、生きてりゃありますよね。

 

 

時間が解決してくれる

 

 

というのは、

月日が過ぎていくなかで、自分の考えや行動などによっては、「時間が解決してくれる」ことがある。

時間が全てを解決してくれると言っているわけではない

流れている時間の中、自分の考えや行動などによっては

時間があの時の痛みをほんの少し緩和してくれている」ことがある。

 

複数の意味・解釈があるんだろうな、と、勝手に私は思っています。

 

どんなようにも解釈できますからね。

人それぞれに思いや考えがあって当然かと思います。

➀~➂は、あくまでも私が感じた、感じていることです。

 

そもそも…どうにもならないことだって、世の中にはたくさんあるような気もしています。

 

 

 

私は離婚し、独りになったことによって、踏ん切りをつけて長年の目標だった「教員免許の取得」を0からスタートで最短で取得しました。

ずっと学校の事務に携わっていましたが、子どもともっと深く関われる仕事をしたいと思い、今の職種に挑戦することができました。(結局、今は休職中ですが…トホホ)

 

すごいでしょ!?

私すごいでしょ!?

 

と、言いたいのではないんです。

 

ただ、ずっとあのまま落ち込んでいる状態が続いていたら、「今の私」はどんなだったんだろう。

なんににも興味を持てず、なんににも挑戦する気力も起きずの状態が今も続いていたとしたら、「今の私」は、そもそもこの世に存在しているのだろうか…。

 

という、別の可能性を考えてしまうのです。

あの時、あれがなかったら…。

あの時、あの人がいなかったら…。

 

 

恵まれている部分も大きいと思います。

 

実家が近くにあったことや、戻らせてもらえたこと。

目標があったこと。

仕事でやってみたいことがあったこと。

職場の人や友だちが、息抜きや遊び、飲み会や旅行に誘ってくれたり、誘って乗ってくれたり。

そこは、とてもとても恵まれていたと思います。

 

 

時間は全部を解決してくれないかもしれない。

ショッキングな直後やそれから数年は、なにも手につかない、考えられない、なにもしたくない、できない。そんな状況になるかもしれない。

これしよう、あれしたい、そんな気力、なかなか出てこないかもしれない。

 

 

今でも、

ちくちくするよ。

鮮明に思い出すよ。

それは未練とも違うよ。

それでもちくちく痛むんだ。

後悔がたくさんあるから。

 

 

以前の記事にも書きましたが、

 

「過去や、起こった事実は変えられない。

でも、捉え方一つで過去の事実の「受け止め方」を変えることができる。

そうしたらきっと、未来が変わるはず。

そう信じたい。」

 

 

なーんて、書くのは簡単。

実行するのは難しい。

 

それでも、決して後ろ向きではない自分がいるんだ、

ってことにも気付いてあげることも大事。

 

こんなふうに考えられる私がいた、いる。

大事にしたい、大事にしよう。

 

 

時間が解決してくれることもある。

でもそれは全部じゃないかもしれない。

でもでも、時間が経過していく中で、自分の考えや行動で、痛みが和らいでいくこともある。

 

これが、「今の私」が、

「時間が解決してくれる」

という言葉に感じていることです。

 

勝手なアウトプットでした。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

時間が解決➀

 

 

こんばんは、ゆかいです!

 

 

以前、このような記事を書きました。

yukayukai4628.hatenablog.com

 

 

先日の夜、落ち着きを取り戻してから、

ふと、思い出したことがあるのです。

 

 

「…別居始めた日だ!!

 

 

そうなんです。

 

これだけはすごく覚えています。

GW中、元夫はずっと朝帰りだった。

その最終日。

7日の日曜夕方でした。

 

私は最低限の荷物を車に詰め込み、

実家へ戻りました。

 

出て行く準備をしていることに気付いているくせに、私に背を向けたままPCに向かっていたあの後ろ姿。

 

理由もきかれない。

見向きもされない。

家を出てからも、なんの連絡もこない。

 

そうか。

別に安否なんかも気にならないか。

 

「実家に戻った」

数日後、そんな連絡をしました。

 

「それなら良かった。心配してた」

 

 

ウソつけぇ!!

これで万が一の最悪が起きてたら、どんな面して私の両親の前に立って、子どもの前に立つつもりだったんだ、あぁあ!?

 

 

…すみません、取り乱しました。

もう取り乱しません。

 

 

私は離婚する前はGWが大好きでした。

数少ない元夫の休み。

どこに行こうか、なにをしようか、

なにを食べようか。

毎年とても楽しみにしていました。

 

ですが、離婚をしてからはGWが大嫌いになりました。

イヤでも勝手に楽しいGWも、最悪なGW中のことも思い出してしまうからです。

 

ゴールデン?

どこが黄金なんだよ。

こんなに休みいらねえよ。

仕事させてくれや。

 

頼むからそれで、気を紛らわさせてよ…。

 

そんな風に思っていました。

 

でも、そういえば今年はあまり思わなかったというか、

意識になかったな、という感じです。

 

ああ、月日は流れてるんだ…

と、ようやく少しずつ、感じることができるようになってきているように感じます。

 

よく言いますよね。

時間が解決してくれる

 

それって…本当?

 

という中身を、私の屁理屈解釈で、また発信したいなと思います。

書いてみたら大学のレポートか!ってくらいの長文になってしまったので、2つに分けようと思います。笑

 

 

私はこの「時間が解決してくれる」という言葉、経験したことがある人だけが言える言葉だと思っているんです。

「現時点」にいる当事者には、その魔法のような言葉は、何度言われても信じられないんですよ。

 

だって、

しんどいんだもん

 

 

時間がって、それどのくらい?

1年後?3年後?10年後?

いつなの?

それっていつなの?

どれくらい先のこと?

時間って…どれくらいなの…。

 

しんどくて、なんとなく明けないような闇の中にいる感覚の中、「時間」というのはものすごく曖昧で残酷なもののように感じさせるのです。

短いようで長い。

長いようで短い。

もうどっちなのかもよく分からないあの感覚。

 

あくまで私は、の場合ですが。

 

 

 

時間が解決してくれる

 

次回、屁理屈解釈全開でいきます。笑

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

時間が解決?

 

 

こんばんは、ゆかいです!

 

 

最近、ブログをアップする時間がずれてきている。

と、感じました。

 

 

…なにを基準に??

と、同時に思いました。笑

 

無意識のうちに、自分の中のリズムがあったんですね、きっと。

 

 

仕事から帰って、お風呂に入り、セルフリンパマッサージしながら体を洗って、

夕飯までにブログを読んだり、書いたり。

 

そういうふうになっていた。

 

でも、それがズレてきた。

 

自分なりの基準からズレてきちゃったと思ったんですね。

 

 

同時に、「なんか書けない…」と感じることも多くなりました。

 

でももう、書けない時は書かない。

 

 

 

 

しかし、明日の記事はもう決めています。

といいつつ、書き直してまた投稿できないかもしれません。

近日中には、あげたいなと思ってる内容があります。

 

 

時間が解決してくれる」ということに、少し触れてみたいなあと思っています。

 

 

本当に時間が解決をしてくれるのでしょうか。

 

解決してくれるのは、時間なのでしょうか。

 

それって、本当なのでしょうか。

 

よく聞くし、離婚当時よく言われました。

 

「時間が解決してくれるよ」

 

 

ホントかよ。

時間が解決してくれる、じゃない。

解決してくれるのは、時間じゃない。

時間が解決してくれること「も」あるとは思うけど、全部解決はしてくれんだろう。

今でもそう思ってる。

 

ちょっと違う面倒な解釈を持っています。

 

屁理屈屋さんだからでしょうか。

それとも、私がまだ「時間が解決してくれた」経験がないからでしょうか。

その答えは分かりません。

 

でも、今私が感じていることを、過去の経験から発信しようと思っています。

誰のためにもならないとは思っているので、ただのアウトプットになりますが。

アップできた時は、よろしければ、読んでみてくださいませ。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

GWが終わる

 

 

こんばんは、ゆかいです!

 

 

GWが終わったからと言って、

休職中の私には、関係ないのか…。

 

そう思った瞬間、とてつもない虚無感に襲われた。

 

「GWが終わるー!」

そう嘆いてた頃、それはそれで充実してたんだろうとも思えたりする。

 

 

働かない。

 

働けない。

 

働きたい。

 

働けない。

 

 

難しいね。

 

 

なんだかね、世間から取り残されたような、切り離されたような、そんな気持になっちゃった感じがしたんだよ。

 

でもまあ…これもネガがお得意の私が創り出している、勝手な被害妄想なのですがね。

 

 

 

そうか、世間はGW終わるんだ。

 

「明日から仕事ですねー」

ニュースのインタビューが、こうも心に突き刺さる鋭利なもんだとは思いもよらなんだよ。

 

 

人と比較するなんて無意味。

世間と比較するなんて無意味。

 

分かってるよ。

 

でも、意味ないからやーめよ、なんていう、急な「思考の方向転換」は難しいんですわ。

 

言い訳がましい?

 

あんだけえらそうに書いてるくせに?

 

 

・・・否めない!!!!

 

 

 

今の状態の自分を否定するつもりはないし、したくないはずなのに、

「…なにやっとんだろ…」

と、ついつい否定の言葉が自分を襲い、覆い、出口の見えない暗闇に連れてこうとする。

 

 

なんといいますか、仕事をしない、できないということが、こんなにもしんどいことだとは、本当に思ってもみなかったです。

 

休みだ、ひゃっほーい!!

 

って、なれたら楽なんだろうか…。

 

 

 

 

ちょっとこの数日で一気に、ダウン感がすごいなあ、と久しぶりに感じている日々です。

いつも中身のない記事ですが、ここ数日なんの中身もない記事をあげていることにも、なんだか…。

 

季節の変わり目だからですかね。

もう、そういうことにしたいです。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。